生活の知恵

今日から使える!不要な長電話を切る方法4選。

見て下さってありがとうございます。
「ひがあつ」です。

この人からの電話、結構長くなってしまうんだよな…
忙しいのに…出たくないなあ…

こんな人、いますねぇ。
ひがあつの周りにも、定期的に現れます。

たまに付き合う分には、良いんですが
毎回毎回だと困りものですね。
自分は1通話が10分以上、3回続くようなら、
お付き合いを考えるようにしております。

どうしても電話で長くなる用件って、
直接会って話すか、メールやSNSでの連絡に
すれば良いと思うのですが…皆さんはいかがでしょう?

では、あなたの時間を奪ってしまう長電話(言い過ぎ)
なるべく、相手に嫌な思いをさせずに切る方法を
書いていきます。

充電が切れそう、切れた(風)

外出中にかかってきた時に使えます。
通話が始まって少ししてからでも、
通話の途中でもいいのですが、
ごめん、充電切れそう
と布石を打っておくことで、
切りやすくなります。

自分の場合は、布石を打った上で、
数分後、普通に切っちゃいます(悪)

やたらと使うと、
「いつも携帯の充電できてない人」みたいな、
自己管理能力を疑われるので、ほどほどにしましょう。

キャッチホン

これも定番ですね。

こちらが慌ててる様子で、
あ、キャッチ…!」や、
あ、ごめん○○から電話だ」という風に伝えると、
相手も譲って切ろうとしてくれることが多いです。

「ごめん、今度ゆっくり聞かせて」

ちょっと丁寧なフレーズですね。

大事な仕事や、用事がある時や、
体調不良の時など、
長く話していることが、難しい時に
使えます。

電話を切りたい理由を述べた後に、
使うと、言いやすいです。

例えば、
人から電話がかかってくるから」とか、
ちょっと頭痛くて…」の後に
このフレーズが使いやすいですよ。

言われた相手も、拒否されたわけではないので、
お互いに穏やかに終話することができます。

「長くなってしまって…」と逆に申し訳なさそうにする。

自分はこれを愛用しております。

こちらからすれば、実際は
相手の長電話に付き合っている状態なのですが、
敢えて、
ごめんね~ (><) 長々と喋っちゃったね」と、
長電話なっていることをアピールして、
切る方向に持っていきます。
ちょっと明るめに言うのがコツです。

続けて、
もう今日は切っておこう」と伝えて、
終話に向かっていきます。

または、
あ、もう30分経ってる!?(驚)、ごめんね付き合わせて (><)
と、通話時間を出しちゃうのも効果的です。

相手ばかりが喋っちゃってる通話でも、
自分は強引ながら、このフレーズを使います。

結構、このフレーズを伝えると、
こちらの気持ちを察して、
終話してくれる方も多いですよ。

さいごに。

と、いかがでしょうか?

今回は手軽に実行できる、
不要な長電話を、
優しく、
バッサリいく方法
紹介いたしました。

ちょっとのつもりが、ついつい長くなって…
ってこともありますが、時間も有限です。

優しく、しっかりと切ってあげるのも、
自分と相手、お互いのために親切かと思います。

この記事が、お役に立ちますように。

では、この辺で。

-生活の知恵

© 2021 俺ログ Powered by AFFINGER5